男キャンプを楽しんだ話

最近キャンプがはやりですよね。

てことで、長男8歳と次男5歳と一緒に男3人でキャンプに行くことを決意!!

この記事では、キャンプ初心者がゼロ知識から道具を揃えて、キャンプを成功させるまでの道のりを解説していきます。

まず、キャンプ道具の選定です。何といってもテント。キャンプ場によってはレンタル品もありますが、これからもちょくちょくキャンプに行きたい私は、テントを買うことにしました。

画像にはワンポールテントが立っていますが、実は最初はワンタッチテントを購入しました。6角形になっており、傘を開くようにして設営するタイプです。しかし!傘が開かないというアクシデントが!それも予定日の1週間前・・・😢

結局、不良品と判断して返品。テント選びを一からやり直しました。

最初にワンタッチテントを選んだ理由は、次の3つです。

①値段が安い(6千円くらい)

②設営がし易いこと

③家の中でも遊べる

しかし、よくよく考えてみると、次のようなデメリットもありました。

①防水性がない

②機構が複雑な分、壊れやすい

そして、次に目を付けたのがワンポールテントです。

ワンポールテントのメリットは、次のようなものです。

①設営が簡単

②防水性がある

③形がかっこいい

特に、形からはいる私は、半分以上は見た目のカッコよさに惹かれて購入しました。購入したのは、

GOGlamping 4~5人用 1万5千円くらい

です。今にして思うと、ワンポールテントにしてよかったと思っています。

何といっても、設営が分かり易くて楽しいんです!!

6隅をペグで止めて、中央にポールを突っ張らせるだけ!

中は大人4人くらいなら余裕で寝れます。

9月下旬でまだ暖かったですが、夜は冷え込むと思い、床にアルミシートを敷き、ラグをかぶせました。

そのほかに購入したもの

寝袋3つ、ランタン、懐中電灯、焚火台、などなど、すべてアマゾンで揃えました。

BAREBONES(ベアボーンズ)ミニエジソンランタンLED

今回、キャンプ場に到着したのは午後2時。今回はキャンプサイトのC2という場所にしました。管理人さんに聞いて、眺めの良い場所に決めました。(その代わり、駐車場からは距離があります)

駐車場からテントサイトまでは、無料貸し出しのリアカーで荷物を運びます。3往復くらいはしました。子供たちは既にテンションマックス!

早速、テントを設営。約20分ほどで完成!初めてでもこれほど早く設営できるのは、やっぱりワンポールのいいところ。

一息ついた後は、海へGo!

険しい崖路を降りていくと・・・
天然のアスレチック発見!

本当は釣りもしてみたかったのですが、時間が押していたのでまた今度・・・

日が暮れる前に夕飯の準備に取り掛かります。

海岸で拾った松ぼっくり、新聞紙、木の枝、バーナーで着火

「TokyoCamp 焚火台」約5千円しました。折りたためてコンパクトに収納できるのに、コンロもついて調理ができる優れもの。薪もよく燃えます。(薪はキャンプ場で500円で販売していました)

メニューは、カレーライスと串バーベキュー
ナイフを包丁代わりにしてサバイバル感アップ!

飯ごうを使うのは中学生の頃以来なのでスマホで検索しながらもテキトウにやっていたら、火加減が難しいということに気が付いたが、時すでに遅し・・・。すぐに吹きこぼれだして慌てて火から遠ざけて調整。一応ご飯は炊けましたが、少し硬め。それでも、子供たちは喜んで食べていました。

キャンプ飯は格別ですね~
バーべきゅ~
定番のマシュマロ(ミニ)焼き~
火が七色になるグッズを試したり・・・

焚火の前に集まり、男の話開始!!

つづきます

投稿者: TATSU

家族との時間、家の管理、DIYなどを雑記していこうと思います。気軽に立ち寄ってください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です