LEGO ブーストでプログラミング

何年か前に買ったまま押し入れにしまい込んであったレゴブースト。久々に出してみると、子供たちは興味津々で作り始めました。

もともとレゴ自体が知育には有益であるが、これにプログラミングの要素が相まって非常に注目されているおもちゃです。(ただし、値段が高め)

注意点としては、「タブレット端末が必要」であること。説明書等はついておらず、タブレットに専用のアプリをダウンロードして組み立てるという仕組みです。スマートフォンでもできますが、画面が大きいほうが良いのは言うまでもありません。

今回作ったのは、ブースト車。見た目がブルドーザーみたいでかっこいいです。大きさ、重量ともにビックサイズ。さまざまな動きをプログラミングでき、ラジコンのような動きと、アームを使った上下のアクションが楽しめます。

このレゴブースト、全部で6つのタイプに組みなおせます。

このブースト車は、8歳の息子が約1時間かけて組み立てました。 部品はかなり余っていますので、6の中では比較的簡単なほうではないでしょうか。 (一番時間がかかったのはやはりロボットでしたね)

作って楽しい、飾って華やかな、知育ブロック「LaQ(ラキュー)」で遊ぶ

TATSU
  • 家族との時間、家の管理、DIYなどを雑記していこうと思います。気軽に立ち寄ってください。

おもちゃ未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。